和室の風景

TOPICS

従前の制度との違い

省エネ住宅ポイントは、従前から利用されてきていた住宅エコポイントに取って代わって利用される制度だといえます。以前からまことしやかに復活が噂されていた制度がついに復活したため、特徴を知る段階から始めたいところです。

Read More

期間限定の制度

省エネ住宅ポイントを利用するつもりでいるなら、期間限定の制度だということは忘れてはいけません。利用できる期間が限られていること、その制度で得られる還元に充てられている予算も限られていること、いずれも大切なポイントです。

Read More

コンテンツ

拡大された範囲

省エネ住宅ポイントと住宅エコポイントを比較したときに無視できないのは、リフォームでポイント付与となる分野が、拡大された範囲で認定されるということです。お得な思いが多くの人に与えられるのは、押さえておきたいポイントです。

Read More

減税を併用する

省エネ住宅ポイントの特徴と意義を最大限拡張するなら、減税を併用することが絶対条件です。還元を受けられるだけでなく、様々な減税を同時に受けられることで、いわば割引を二重取りできるという事実が、家計をサポートしてくれます。

Read More

早く使わないと損する

エコ住宅新築やエコリフォームするとポイントが付与されます

住宅を購入するのは、一般人にとってなかなかない、大きな買物をする機会です。人生で大きな買い物といえば車と保険と住宅、と並べられるほどに高額商品だというイメージは強いです。ここから、誰もが大きな勇気と決断のもとに住居を購入するでしょう。
そこで検討したいのが、住宅を購入するときにいかに安く購入するのか、もしくは、いかにお得に購入するのか、ということです。特に、お得に購入するという観点は、限られた予算を最大限有効活用するために欠かせません。
この時目をつけるべきなのが、平成27年に提供されることが決まった省エネ住宅ポイントです。このポイント制度を利用すれば、住宅購入という買い物はとてもお得に行えるようになります。
買った金額に応じてポイントが付与される結果、取引をした全員にお得な思いをできるチャンスがやってくるため、これから購入を検討しているなら無視できません。せっかく高いお金を払って家を買うのなら、省エネ住宅ポイントというお得な制度を活用しないのは明らかに損です。

省エネ住宅ポイントの発行申請は、お早めに

省エネ住宅ポイント付与対象のエコ住宅や、エコリフォームにはそれぞれ規定があります。施工業者と確認をとってください。省エネ住宅ポイントの発行申請は、遅くとも平成27年11月30日には締め切られます。遅くともという表現が使われるのには、訳があります。あらかじめ決められた予算に達した時点で発行申請は締め切られます。ですから、ただ工事をしただけで手続きを後まわしにすると、受付が終了してしまうかもしれません。又、ポイントを後から商品や寄付という形で交換する以外にも、即時交換する方法もあります。これは発行されたポイントを当該工事の追加工事や、グレードアップ用の代金に充てるものです。いずれの方法でも1ポイント1円で換算されます。ホームページをチェックして、遅れないように申請しましょう。

イチオシ記事

お得すぎる多様な景品

省エネ住宅ポイントにおいて最大の魅力といえるのが、お得すぎる多様な景品です。多種多様な選択肢の存在はこれまでの政府主導の制度と同じように、ポイントプログラムならではの魅力を提供してくれています。

Read More