減税を併用する

見逃せないお得な手法

省エネ住宅ポイントを利用してポイント還元を受ければその分お得になるのは当然ですが、それを利用するなら減税を併用することにまで目を向けるべきです。省エネ住宅ポイントと併用できる減税を利用すれば、所得税や固定資産税から還付金が戻ったり、減税を受けたりできます。
省エネリフォーム減税やバリアフリーリフォーム、耐震リフォームを利用した場合にかかる予算を、確定申告を行ったあとに返してもらえるのが特徴です。加えて、住宅ローン減税制度も併用できるようになっています。このことは、見逃せないお得な手法として重要な意味を持ちます。
省エネ住宅ポイントの還元ポイントと合わせれば、家計の助けになることは確実に間違いありません。

補助金の活用も可能

省エネ住宅ポイントを利用する場合、補助金の活用も可能だということに注目できます。その一例として、中古物件を購入した場合に適用される住まい給付金には特に意味を見出しやすいです。
住居を購入するときの選択肢としても有用な中古物件を購入する手助けをしてくれる住まい給付金と、中古物件を思いのまま快適な住居にブラッシュアップできるエコリフォーム、この2つが揃えば、好きな土地で、好きな住宅を、安価に購入できます。
さらに、自治体によってはバリアフリーリフォームや省エネリフォームなどに、独自の補助金を設定していることもあります。住宅リフォーム推進協議会の公式ウェブサイトで狙った地域の補助金制度について検索できるため、事前に調べて計画することが欠かせません。